つなみ 日本語版

¥ 3,780

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ヤマト宅急便

    ヤマトが提供する定番の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 1,400円
    • 東北

      • 青森県 1,000円
      • 岩手県 1,000円
      • 宮城県 1,000円
      • 秋田県 1,000円
      • 山形県 1,000円
      • 福島県 1,000円
    • 関東

      • 茨城県 1,000円
      • 栃木県 1,000円
      • 群馬県 1,000円
      • 埼玉県 1,000円
      • 千葉県 1,000円
      • 東京都 1,000円
      • 神奈川県 1,000円
      • 山梨県 1,000円
    • 信越

      • 新潟県 1,000円
      • 長野県 1,000円
    • 北陸

      • 富山県 1,000円
      • 石川県 1,000円
      • 福井県 1,000円
    • 東海

      • 岐阜県 1,000円
      • 静岡県 1,000円
      • 愛知県 1,000円
      • 三重県 1,000円
    • 近畿

      • 滋賀県 900円
      • 京都府 900円
      • 大阪府 900円
      • 兵庫県 900円
      • 奈良県 900円
      • 和歌山県 900円
    • 中国

      • 鳥取県 800円
      • 島根県 800円
      • 岡山県 800円
      • 広島県 800円
      • 山口県 800円
    • 四国

      • 徳島県 900円
      • 香川県 900円
      • 愛媛県 900円
      • 高知県 900円
    • 九州

      • 福岡県 420円
      • 佐賀県 520円
      • 長崎県 520円
      • 熊本県 520円
      • 大分県 520円
      • 宮崎県 520円
      • 鹿児島県 520円
    • 沖縄

      • 沖縄県 1,000円

※10,000円以上のご注文で送料が無料になります。

通報する
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

シルクスクリーンで鮮やかに刷られた絵巻物。今年の9月に日本語版が出たばかりのタラブックスの「つなみ」。2004 年に発生したあのインド洋大津波のことを描いたものですから、題材は深刻で悲しい現実でありながら、しかし、この絵とうたには胸が張り裂けそうになるくらい、めいいっぱいの愛と喜びと希望が溢れている。

目に焼き付いて離れない鮮やかなシルクスクリーンのインクの色が、やさしく力強く、魂のうたを私たちに届けてくれるのです。そうやって、苦しくて悲しい現実も、喜びや希望も、私たちに確かに繋がっている、この蛇腹式の本を1枚 1 枚にめくりながら、その感触を確かめながら、そのことをひしひしと感じるのです。一家に一冊この本があれば、大切なお守りになってくれるんじゃないかな、思わずそんなことを考えてしまうくらい、パワーを感じる特別な一冊です。

日本語版のレイアウトは矢萩多聞さん。タラブックスを日本に紹介した立役者のひとりである矢萩多聞さんの ambooks のHP( tamon.in/s001/ )には「ポトゥア、東野健一さんのこと」という文章が載っていて、矢萩さんがどんな思いでこの本の日本語デザインを担当したかが熱く深く書かれていて圧倒されます。ぜひ読んで、そしてこの本を手にしていただきたいと思うのです。くどいですが、本当に見事に素晴らしい本、絵巻物です。1500部限定、シリアル・ナンバー入り。当店で『つなみ』をご購入の方には、特典としてタラブックスの封筒付きカード(シルクスクリーン印刷)をプレゼントいたします。(鳥羽)




○基本情報

書名  つなみ
著者  ジョイデブ&モエナ・チットロコル(絵・文)/スラニー京子(訳)
刊行日  2018年9月10日
価格  3500円+税
ISBN  9784990811648
判型  蛇腹製本(145 × 365 mm)/12頁 [ジャンル]アート, 絵本



○内容紹介

家から家へと訪ねて歩き、絵巻物を見せながら、うたい、聞かせる語り部「ポトゥア」。連綿と受け継がれてきたこの伝統は、インド東部やバングラデシュの一部の地域に、いまも息づいています。絵巻物の題材は昔から伝わる民話から地元のニュースまで、実にさまざまです。
ふたりのポトゥア、ジョイデブ&モエナ・チットロコルは、2004年にインド洋で発生した大津波による惨状を知り、その出来事と亡くなったひとたちのことを忘れないために、絵を描き、語り歩くことにしたのです。

その後、彼らの絵巻物は蛇腹式の本に姿を変えて、2009年にインドの出版社・タラブックスより『TSUNAMI』として出版されました。本書はその日本語版です。

原書発行  タラブックス(インド・チェンナイ)
印刷/製本 AMMスクリーンズ(インド・チェンナイ)
日本語版レイアウト 矢萩多聞