元永彩子+山口和宏 カッティングボート くるみ "ma petite caille"
元永彩子+山口和宏 カッティングボート くるみ "ma petite caille"

¥ 11,664

元永彩子+山口和宏 
カッティングボート くるみ "ma petite caille" (マ・プチート・カーユ)
17.2×37.0cm(持ち手含む) 高さ2.2cm *サイズには若干の誤差がございます。

山口和宏さんのたおやかな木工の仕事と、元永彩子さんの繊細な線画のコラボレーションが実現しました。

愛くるしいけど、どこまでも穏やかで、それでいて森の中に紛れ込んだようなドキドキも。「マ・プチート・カーユ」は、「私の愛しい子」という意味。見るたびに思わずにっこりしてしまうカッティングボードは、山口さんの定番サイズよりもひと回り大きくて(写真の2枚目以降を参照してください。定番サイズと比較した写真です)使用の仕方にも新たな可能性が広がります。

こんなに素敵なカッティングボード。使うのがもったいない! そんな声も聞こえてきそうですが、日常で使うからこそ味わい深くなるもの。持ち手についている革ひもも素敵です。まな板として卓上でパンやフルーツを切ったり、そのままお皿としてケーキやサラダをのせて使ったり。日常を彩る道具として、大切な方へのギフトとしてご活用ください。

画像の2枚目、3枚目は、山口和宏さんの定番サイズのカッティングボードとのサイズ比較になります。すでに山口さんのボードを愛用なさっている方々はご参照ください。

『親子の手帖』鳥羽和久著
『親子の手帖』鳥羽和久著

¥ 1,296

受験、成功体験、カンニング、発達障害、学力と差別、不登校、いじめ、夫婦関係、理解のある親、親子という幻想の共同体、中1ギャップ、第三の居場所、スペクトラム化する社会、親の葛藤、子の自立など、現代的な親子の間のさまざまな問題を詰め込んだ本です。

私たちは
子どもたちのために
もう一度「大人」になる必要がある
ー植本一子(写真家)ー

子どもを自然に育てることは、
親が自然に生きることでもある。
本書は、そのためのマニュアルなどではなく
さらなる可能性を広げてくれる、
大きな指針となりうるだろう。
ー石川直樹(写真家)ー

単行本: 208ページ 
出版社: 鳥影社 (2018/3/22)
ISBN-10: 4862656625  
ISBN-13: 978-4862656629   
発売日: 2018/3/22

とうじんポストカードセット
とうじんポストカードセット

¥ 1,620

とうじん(当仁校区)の風景をポストカードに載せてお届けします。
絵柄は、荒戸湯、黒門飴、鳥飼八幡宮、地行浜、西公園、浮見堂、大濠公園、唐人町商店街、福岡ヤフオク!ドーム。とうじんポストカードマップとご案内を添えて。

絵と題字 yone
ことば 鳥羽和久

かるべけいこ 鉄火味噌
かるべけいこ 鉄火味噌

¥ 1,300

南阿蘇の食卓から、かるべけいこさんの代名詞「鉄火味噌」を瓶詰めでお届けします。

とうじんポストカード 大濠公園 (1枚)
とうじんポストカード 大濠公園 (1枚)

¥ 300

とうじんポストカードのなかでイチバン人気の「大濠公園」柄です。

『旅をする理由』(カラー版)
『旅をする理由』(カラー版)

¥ 3,424

『旅をする理由』(*カラー版)
マラケシュの修道院で信仰と学問の近接性について考え、ジャワ島では観光と消費について意見を交わす。名取の閖上で柳田国男の声を聞き、台湾の村で原住民の人生の背中を見る。パラオで「歴史」について考え、イングランドの海岸で美しい七姉妹に出会う。メキシコで日本のいびつな社会を思い、バリ島でゲイカップルやヌーディスト夫婦と交友する。ハワイの穴場スポット20箇所の情報や、アイスランドのオーロラや滝との出会いも描かれる、豊富な写真をまじえた地球紀行。
旅をしながら思考する、新しい旅の手帖。

[目次]
新しい旅のすすめ。
マラケシュ(モロッコ)
ジャワ島(インドネシア)
閖上(日本)
サン・ミゲル・デ・アジェンデ(メキシコ)
多納(台湾)
ブスワンガ島(フィリピン)
ペリリュー島(パラオ)
リッフェルアルプ(スイス)
ホワイト・クリフ(イングランド)
流浪の民(琉球)
すなわち、旅。
バリ島(インドネシア)
絶景20(ハワイ)
レイキャヴィーク(アイスランド)

『旅をする理由』(モノクロ版)
『旅をする理由』(モノクロ版)

¥ 1,610

『旅をする理由』(*モノクロ版)
マラケシュの修道院で信仰と学問の近接性について考え、ジャワ島では観光と消費について意見を交わす。名取の閖上で柳田国男の声を聞き、台湾の村で原住民の人生の背中を見る。パラオで「歴史」について考え、イングランドの海岸で美しい七姉妹に出会う。メキシコで日本のいびつな社会を思い、バリ島でゲイカップルやヌーディスト夫婦と交友する。ハワイの穴場スポット20箇所の情報や、アイスランドのオーロラや滝との出会いも描かれる、豊富な写真をまじえた地球紀行。
旅をしながら思考する、新しい旅の手帖。

[目次]
新しい旅のすすめ。
マラケシュ(モロッコ)
ジャワ島(インドネシア)
閖上(日本)
サン・ミゲル・デ・アジェンデ(メキシコ)
多納(台湾)
ブスワンガ島(フィリピン)
ペリリュー島(パラオ)
リッフェルアルプ(スイス)
ホワイト・クリフ(イングランド)
流浪の民(琉球)
すなわち、旅。
バリ島(インドネシア)
絶景20(ハワイ)
レイキャヴィーク(アイスランド)